我去台湾留学!

思い立ったが吉日!中国語を学び初めて2ヶ月目に留学を決意。
0

龍船(端午の節句 part.2)

端午節の休日に龍船(ドラゴンボート)を見に行ってきました。



忠孝復興駅の2番出口を出てすぐ右に曲がったところに会場までのバスが10〜20分間隔で出ていました。
(片道15台湾ドル)


バスに乗り20分ぐらいで会場に到着しました。




私はミーハーなので、ドラゴンボートが何かよく分からないまま会場に着たのですが、
どうやらボートレースのよう。
色々な団体さんが競争していました。








暑い中みんな頑張って漕いでて、いつかに見たボート部?が題材のドラマを思い出しましたww



暑くて、且つボートレース以外は見るものもなかったので1時間(もいたかな?ww)ぐらいで退散しましたww
帰りも会場からバスが出ていました。
私は行きに乗ったバスと同じバスに乗り忠孝復興駅まで戻りました。



ドラゴンボートレースに誰か知り合いが出場していたらもっと楽しめた気がしますww

スポンサーサイト
0

台湾の端午の節句 part.1

2015年6月20日(土)は台湾の端午の節句でした。
日本と同じように土曜日に祝日のためその前日の19日金曜日は振替休日でした。

私のクラスの先生が端午節について色々と教えてくれました。

台湾には「不过端午,不收冬衣」という言葉?言い表し?があって、「端午節が過ぎるまでは冬服はしまえない」という意味らしい。
つまり、台湾の端午節は『夏が始まる』ことを意味するそう。

日本でいう二十四節季のうちの1つであって、台湾では三節季のうちの1つ。
台湾の三節季=春節、端午節、中秋節

また、端午節のときは玄関に草のお供え物をするそう。



艾草という名前の草は虫除け、菖蒲という名前の草は鬼除けなんだそう。
むか〜〜〜しむかし、まだお医者さんや薬がなかったころ、暑い時期になると多くの人が病気になったそう。
特に子供が多く病気になり、まだ医学の発達していなかった当時の人々は病気の原因が分からず、”鬼”のせいだと考えていたそう。
そこで鬼の嫌いな菖蒲という名前の草を端午節に玄関前にお供えするようになったとか。



あれ?艾草という名前の草はなんでお供えするようになったんだっけ?ww
確か鬼除けと同じような話で、虫除けでお供えするようになったんじゃないっけ・・・???ww
(あやふやですいませんww)
同じく端午のときに食べる”粽子(ちまき)”を食べることに集中していたので、先生の話あやふやww


そして粽子を食べながらこれまた端午節のときに行う”立蛋”に挑戦しました!

”立蛋”とはその名の通り、”立つ卵”ww
ただ、床に卵を立たせるというもの。
床に卵を立たせることが出来たらその1年何事も上手くいくらしい。
恋も勉強も仕事も健康もなんでも。

これはやるしか!!!


と張り切って挑戦してはみるものの、なかなか立たせることの出来ないクラスメート。
誰1人として立たせられず、回ってきた私の番。






結果


できちゃった ;-)  ww
1分もかからないぐらいで立たせることに成功!

周りで見ていたクラスメート、隣のクラスの学生、通りすがりの人(廊下でやってた)が大盛り上がり!ww
写真大量に撮りましたww
(が、こうゆうときに限ってスッピンで肌が汚いorz)







そして他にも端午節について聞きましたが。
端午節のときはほとんどの大学や会社がお休みになるのですが、
働いている人はどうやら会社のボスから”红包”という日本で言うお年玉のようなちょっとしてお小遣いを貰えるそう。

なんとまぁ嬉しい!お休みを返上してまで働く日本人には嬉しいことこの上ないのでは!?
(働いたことないので憶測です)



他にも端午節のときに“龍船”(ドラゴンボート)というイベントが開催されるそうです。
端午節のときは多くの台湾人は家族と一緒に祝日を過ごすようです。


きちんと二十四節季を祝って、伝統を続けていることは素敵なことだなぁと思いました。
日本は二十四節季があるのに、1つずつお祝いしない気がします。(私の家だけかな?)
日本にも四季があって、誇れる伝統があるのに、”もう昔のことだから””最近はしないね”と済ませてしまうのはもったいないな、となんだか寂しくなりました。

日本に帰ったら日本の伝統とか行事とか積極的に祝いたいと思います。

0

まるでラプンツェル!

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に、たーくさんのランタンを夜空に飛ばすシーンがありますよね。
生き別れになってしまったラプンツェルを探すために両親がラプンツェルの誕生日に毎年行うんでしたっけ?
(あまり詳しくないので間違ってたらすみません)
「なんて深いんだ。素敵だな〜。綺麗だな〜」と映画を観て思っていましたが、
なんと実際にランタンを飛ばすお祭り(?)がありました!!!

その名も、『平渓天燈祭(天燈節)』
学舎のおじちゃんに行き方を聞いて行ってきました。

タクシーで行くべきかと聞いたところ、
「シャトルバスある。很多。很多。」とひたすら言われたので、公共交通機関を使うことにしました。
*很多=多い

私の住んでいる国際学舎からは、まずG9のバスで七张駅まで行きます。
            ↓
降りたバス停からG1のバスに乗り動物園駅まで行きます。
            ↓
動物園駅でバスを降りたらランタン会場までのシャトルバスが出ています。(1人50元でした)


IMG_0938.jpg
IMG_0939.jpg


Hahaha.
シャトルバスに乗るための長蛇の列!wwww
Sitting/Standingで列が分かれていました。
私はSittingの列に並びました。バスに乗るまでだいたい40分程待ちましたwwww
Sittingの列に並んでいても、バスに乗ってからゆっくり席を選んでいると誘導員のおじちゃんがStandingの列の人たちをどんどん乗せてくるのでせっかく長く待っていても座れない場合もあるのでご注意をwww
バスに乗ってからは40〜50分程で会場に到着しました。


バスから降りて人の流れに沿って歩いていると、会場らしきところを発見。
IMG_0950.jpg

この門?を人の流れに沿って歩いて行くと頂上付近で人人人人………………
身動きがとれなくなりましたww
身動きがとれなくなって10分程たったとき、ちょうど時刻が6pmに。
その瞬間一斉にランタンが!!!

IMG_0964.jpg


会場にいた人みんなが「わ〜〜〜〜〜」と歓声をあげながら一斉に写真撮影!!!!wwwww

IMG_0966.jpg


本物のランタン飛ばしに少し感動しました。

IMG_1000.jpg



その後も何回かに分けてランタンを飛ばしていました。


会場の道の両端には小さいランタンが吊るされていました。どれも1つ1つに色々なお願いごとだったり絵が書いてありました。中には日本語のものもありました。

IMG_1017.jpg



会場から帰る前に、これからランタンを飛ばそうとしている女の子たちがいました。
これは撮らねば!と、周りにいた人たちがいっせいにカメラを構えていましたww
なので、私も便乗してパシャリwwww

IMG_1022.jpg







台湾に来る前にこのランタンフェスティバルのことを知り、1度は観に行きたい!と思っていたので観に来れてよかったです:-D
良い思い出になりました!
ランタンフェスティバルは毎年行っているそうなので、この時期に台湾に来ることがあれば是非観に行くことをおすすめします☆☆


IMG_0967.jpg

縺薙�繧ォ繝�ざ繝ェ繝シ縺ォ隧イ蠖薙☆繧玖ィ倅コ九�縺ゅj縺セ縺帙s縲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。