我去台湾留学!

思い立ったが吉日!中国語を学び初めて2ヶ月目に留学を決意。
0

要不要辣?


私:台湾に来てもう6回も台湾観光のガイドさん引き受けてるよ~

と言っていたのも束の間、早くも7回目を迎えました(笑)


今回士林夜市を一緒に回り、通訳をしていたのですが、食べ物を買うときに毎回...


店員+私:「辛くする?」

友達:「うん」

この質問の繰り返し。
何回か同じ質問をした後に、

友達:「味は辛いか辛くないかの選択しかないの?いつも聞かれるのは辛さだけだよね(笑)」

私:「あぁ、うん(笑)」


確かにそうなんですよね、特に夜市なんかの屋台だとかなりの確率で辛くするかしないかを聞かれます。
まぁ味自体はその食べ物の味になるので変えようがありませんが^^;


それと、親切なお店は「香菜(パクチー)」が要るか要らないか聞いてくれます。
これ、しばちかてきに結構ありがたいポイントです☆★
しばちかパクチーが苦手なので、食べ物を買う前に知っていればパクチーを抜いてもらうのですが、
初めて食べる物だったり、お店によって入っていたりいなかったり違うので、聞いてくれると本当に助かります^^
もうそれだけでそのお店の印象は良くなるし味も美味しくなる気がするよ(私だけかな^^;)



夜市には色々な食べ物がいっぱいあるので目移りしてしまいます。
美味しそうだなぁ~と思った屋台にかなりの行列が出来ていることもあって、
ぱっと見30分待ちとか・・・

ヒエェェェェェエ~~~~

が、
せっかくなのでめげずに並んで食べることをオススメします☆★



ちなみに、士林夜市で私がほぼ毎回食べるのがコレ↓


※これじゃ見た目が分からないwwwww

ホットドックのパンの部分がお米のいわゆる”ライスドッグ”(?)


味も数種類あるのですが、しばちかがいつも頼むのは上から3つ目の”招牌蔥蒜(Garlic)"味です。
1番人気だそう。

※英語表記のあるメニューは作ってるおばさんかおじさんの近くに置いてありました。
(「メニュー見せて」と頼んだらこれを見せてくれました)



夕方5時過ぎぐらいにはもう既にお店の前には人が並んでいることが多いです。
お寺の入り口のすぐ手前にあるので毎回迷うことなく見つけることができます^^



夜市に行ったら是非お気に入りの台湾フードを見つけてみてください^o^


スポンサーサイト
0

台湾の生活に慣れてしまった症候群


台湾で留学生活を初めて気がつけば11ヶ月が経ちました。
この11ヶ月の間に日本から家族+お友達がたくさん(?)遊びにきてくれました^^
数えると、、、計6回台湾案内のガイドさんをしています。
だいたい2ヶ月に1度のペースかな。

みんな台湾すきだな~ ^ω^ ww



もう6回も台湾案内してるんだから、最初の頃に比べたら案内も上手くなってるはず!(?)ww
だいたいしばちかが案内するのは、

・九份
・鼎泰豐
・士林夜市
・東門
・台北101
・四四南村
・中正紀念堂

ここらへんです。
他にもここに行きたい~と言われたらだいたい連れていけるようになりました。
いや~成長したなぁ(自己満足)ww



今回も、上記した王道コースでしたww
毎回日本から来た友達や家族を案内していて思うのが、
”台湾に住むことによって金銭感覚が変わった”ということです。
まぁ、日本とは物価の違う台湾に住んでいるんだから当たり前といえばそうなのですが、
やはり明らかに違う!

バイトをしていない、豪遊できない留学生にとって、
300台湾ドル以上の食事や買い物をすることは結構な出費だと感じるんです。
1回の食事代が100台湾ドルで済んでしまうことが多いから余計に。

が、日本から遊びに来た彼女たちにとっては300台湾ドルなんて安いほう。

友達「安~い!」

と言って普通に注文したり購入したりしているときに、

私:(おほっ 良い値段するのね^^;)

なんて考えちゃってるのです。
もう、金銭感覚が麻痺している証拠です。
ザ・ドケチですwwwwwww

※ちなみにだいたい1台湾ドル=4円です。(だいたい)

1000円の食事代で「高い!」と思ってしまう私は、
もう”台湾の生活に慣れてしまった症候群”ですね。(ナニソレ)


あとは、夜市とかで、台湾で有名なアノ”臭豆腐”の強烈な臭いが漂って来たとき、

私:(うっ これは近くに臭豆腐があるな)

と特に驚かなくなったのですが、やはり友達は

友達:「うわっ!何これ!やば!くさい!何!?くさいくさいくさいっ!!!!」

と大騒ぎですwwww


まぁこれも”慣れ”ってやつですよねww
慣れとは本当に怖いものですww
(あ、でも私は臭豆腐は無理です。食べられませんww)


台湾の生活に慣れてしまった症候群のしばちかですが、
友達や家族が来たら旅の最後は一緒にちゃっかり足裏マッサージはします^p^




だいたいのお店が30分400台湾ドルぐらいだと思います。



台湾案内ガイドさんをすると自分がいかに台湾の生活に慣れているのか実感でき、
新しく台湾の観光スポット情報を知ることができます^^
それに、自分の中国語がどこまで通用するのか知ることもでき、
それを役立たせることもできるので、とっても良い経験になります^^

次に遊びにくる友達のためにももっと中国語を上達させて台湾について調べておきます☆




0

め・が・ね!

台湾に来てしばらく生活して思うこと。
ほとんどの外国人が思うこと。(だと思う)



台湾人の以上なまでのメガネ率の高さwwww
気がつけば周りみーーーーんなメガネ掛けているということがよくあります。
特に、私の通う語学学校は台湾大学の附属学校なので、もちろん台湾大学の中に位置しています。
なので、校舎から一歩外に出ればそこは台湾大学なのです。
何が言いたいかと言うと、台湾大学は日本で言うところの東京大学、つまりナンバー1頭の良い大学なのです。
そりゃ、台湾大学の皆さんは勉強しますよね。そりゃまぁ沢山。
勉強のし過ぎで目が悪くなる人が多いのかもしれない!!!(勝手な憶測ですww)
なので、台湾大学の図書館に入ると周りの学生はほとんどメガネをかけていますwwww

別にメガネをかけることが悪いことでもなんでもないのですが、あまりの多さに少し気になる(.. )

コンタクトの普及率少ないのかな?

コンタクトの概念がないわけでもないだろうし。
実際、台湾の駅には何故かキオスク的な感覚で、駅構内にコンタクト屋さんがあります。






なのに、なんでこんなにメガネーが多いんだろう(.. )?
(お洒落っぽくメガネを掛けている人=メガネーと呼んでみます)



あまりに気になったのでこの前台湾人の友達に聞いてみました。
彼女曰く、オンとオフを使い分けているそう。

台湾人の友達:「学校とか仕事だけなら眼鏡でいいでしょ?目たくさん使うし、逆にコンタクトにしたら目が余計に疲れちゃうよ」


確かに(.. )
ちなみに彼女も私と遊ぶときはいつもコンタクトですが、仕事をしている平日はいつもメガネを使っているそう。



確かに大学にお勉強しに行ってるんだから、会社に仕事しに行ってるんだから、別にコンタクトにする必要はないのか。
日本が少し変わっているのかもしれません。
大学に行くにも、会社に行くにも、化粧、服装に気を使うのは日本独特の文化の1つだと思います。

アメリカの大学に通っていたときも、カナダの語学学校に通っていたときも、そして台湾で語学学校に通っている今も、メイクをしている学生はほとんどいません(でした)。

もちろんお洒落なのは素敵なことだし、私は毎日お洒落をしていたい派ですが、
海外の人から見れば毎日お洒落に気を使う日本人は”大変”で”疲れる”だろうなと思われているようですww

0

優柔不断は嫌われる?

台湾で買い物をするときは”迅速”な決断力が求められます。


私の場合、

お店に入る→可愛い服/靴を見つける→手にとる→試着する→購入する

上の棒線部分の所用時間はだいたい20分以上かかります(遅い)
私はかなりの、”ド”がつくほどの優柔不断な性格なので、物を買うときにかなり時間がかかります。

まず、どんな形か、そして色違いなんてあった時には・・・・
一緒にいる友達に「どっちが良いと思う?え、なんで?でもこっちも良くない?」と質問攻めですww


し・か・し、

台湾で上の私のような買い物をしていると、だいたいイラつかれますww
というか最終的に怒ってきますww

もう服を手にとった瞬間寄って来て、

店員:「それ、いいでしょ?着てみて!あそこに鏡あるよ!ほら似合う!決めた?買う????」

と巻くし立てるように言ってきますww
そこで私みたいに、

私:「う〜〜ん、でもこっちの色も可愛いなぁ〜、このサイズだと小さいけど、こっちだと少し大きいかな〜〜〜」

なんて言って悩みだすと

店員:「あなたにはこれが似合うよ、こっちにしなよ、〜〜円だし安いじゃん、ほら、こっち」

と半強制してきますww
それでも負けじと(いや別に歯向かってるわけでは決してないけど)

私:「でもなぁ〜〜〜、 うう〜〜〜ん・・・」

なんて言い出したら、だんだんと店員さんはイラつきだしますww



今日行った西門の靴屋さんでも同じようなやり取りをしていました。
私はサイズで迷っていて、2サイズ試してみたのですが結局どちらも小さい/大きいで即決できなかったので、結局買いませんでした。
2サイズ試着して結局「買わない」と店員に告げると、

店員:「え、ダメなの?大きいなら小さいのにしなよ。せっかく雨の中小さいサイズ持って来たのに。買わないの?雨の中持ってくるの疲れるのよ?せっかくあなたが試着したいっていうから持って来たのに、買わないの?」

と嫌味をグチグチ言い出しました(苦笑い)
これには台湾人の友達と2人で苦笑いwwwwww
一応お店を出るときに2人で「不好意思(すみませんね)」と言って出たのですが、
お店を出てから2人で「店員さんの態度が悪かったね〜〜〜」と話していましたww

彼女曰く、「台湾の店員さんは日本の店員さんより接客態度は良くない」そうです。
うん。確かに、お客”様”としては見ていないような感じがします。
「安いんだからそこまで考えずに買ってきなよね」と言っている感じww
(本当にこう言われたことありますww)

いやいや、確かに安い物は安いけれども、それでもチリも積もれば山になるわけですよ、
少しでも節約はしたいじゃないですか!(私が言うかww)



ゆっくり自分のペースで考えて買い物をしたい人にとっては、
台湾(の安いお店)で買い物をするのは少し苦痛に感じることがあるかもしれません。
(台湾で買い物すれば嫌でも迅速な決断力が身につけられるのかも!?ww)

-

台湾で必要なもの(6月)


数日後に日本から台湾にお友達が遊びに来るので、台湾旅行で合ったら便利なものを考えてみました。
3ヶ月ちょっと台湾で暮らしてみて思ったものたちです。


ポケットティッシュ
台湾のトイレにはほとんど備えてありますが、たまにトイレットペーパーが不足してるときがあります。
あ、ちなみに台湾のトイレはトイレットペーパー流せません。
(トイレに流せるトイレットペーパーなら流してもOKですが、人の家でない限り便器の横にトイレットペーパー用のゴミ箱が置いてあります)

ウェットティッシュ
台湾の飲食店は日本と違いウェットティッシュは出してくれません(笑)
(ウェットティッシュ文化は日本だけなのでは?)

折り畳み傘
いまの時期は梅雨らしく(台湾人の先生が言ってた)、また台湾の天気は奇怪(おかしい)です。
晴れてる!と思ったら数時間後に豪雨なんてこともよくあります。なので常備していると安心です。
(朝から雨が降り1日雨の予報でない限り、降っては止み、降っては止み、の繰り返しではありますが)

エアコン対策の上着
台湾の電車、バス、ショッピングモール、などの室内は極寒な場合が多いです。
「寒っ!」となったときに1枚羽織れる羽織があると便利です。

虫除けスプレー (強調しすぎww)
台湾の蚊は厄介!刺されたら終わりだと思ってくださいww
1週間ぐらい熱を帯びて腫れて痒いです。痒いったらありゃしない!
おまけに腫れと痒みが引いた後は茶色く痕が残ります。痕が消えるのに数ヶ月はかかります。

胃薬
台湾の食べ物は基本油っこいです。
野菜類を食べようと、青菜(野菜)を頼んでも出てくるのは油でぎっとぎとになるまで炒められた青菜(野菜)です。
(私は揚げ物が大好きなのですが、同時に胃の働きが良くないので、油物を沢山食べた夜は吐き気と腹痛に襲われます。)

日焼け止め
もし日焼けするのが気になるなら持ってきたほうが無難。
というかこの時期は晴れていたらもの凄く日差しが強いので必須。

サングラス
これまた人によって必要不必要と分かれるものだと思います。
私は日本でも日差しが強い日は年中サングラスを冬であろうが掛けていた人なので、台湾に来てからもよく掛けています。
日本の真夏日でもサングラスは掛けないよ!って人は不必要なのかな?


備考1:電気プラグの形は一緒です。
電圧は~・・・・私は普通に日本で使っていた充電器やドライヤーなど使えているので、多分日本とそんなに変わらないと思いますww


備考2:今の時期(6月)から夏の間(曖昧ww)に台湾に来るのであれば、服装は日本の夏に着る格好が良いと思います。
最近は最高気温36度とかで汗が涌き出るほど暑いです。(まだ6月になったばかり)
道行く人半袖/ノースリーブ+ショートパンツ+ビーサン/サンダルといった真夏のスタイルの人が既にいます。
人によってはスキニーを履いてる人もいます。私も学校と図書館が冷房ガンガンで寒いのでスキニーを履くときもあります。
(屋外は物凄く暑いのでスキニーを履いてると私は地獄ですが、スキニーを履くときはガマンしてますww)
足元はビーサンでもサンダルでもオッケー。台湾の人はスニーカーやスリッポンを履いてる人が多い気がします。
まぁ旅には歩きやすい靴がベストです。デコボコしてる道もありますし。


と、まぁいま思いつくのはこれぐらいです。
私が3ヶ月ちょい生活してみての考えなので、不備不足があるかと思いますが、それは多目に見てくださいorz




縺薙�繧ォ繝�ざ繝ェ繝シ縺ォ隧イ蠖薙☆繧玖ィ倅コ九�縺ゅj縺セ縺帙s縲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。