我去台湾留学!

思い立ったが吉日!中国語を学び初めて2ヶ月目に留学を決意。
0

日本に敵なし!?

台湾に留学して気づけば2ヶ月が経ちました。
台湾での生活には慣れていたように感じるのですが、やはりまだまだ慣れないこと、驚くことが沢山あります。
そして今日また一つ新たな発見をしました。
どうやら台湾には地震や火事のための防災訓練ならぬ、"防衛訓練"もあるようです。


今日もいつも通りに、学校で授業を受けていました。
その授業中、いきなり外でけたたましいサイレンが鳴りだしたんです。
先生は何喰わぬ顔で授業を続けているのですが、私たちクラスメートは、

~~~♫!
クラスメート:「・・・っ!?!?!?!?WHAT!?!?!?」

もう、授業どころではなく、みんなして一斉に、

(なんだこの音!?何が起きてる!?)

と、ソワソワ、キョロキョロ (.. ;) www

もちろん、私もその1人ww

以前に地震の記事で書いたように、防災訓練大国の静岡生まれの私でさえ、ビックリですよww
なぜかって?いや、サイレンが今まで聞いたことのないような不気味な音だったんですww
本当に危機が迫ってるような臨場感溢れる(使い方ちがう?)サイレンでしたww


そんな、ソワソワしている私たちに気づいた先生が、サイレンの説明をしてくれました。
(授業とめちゃってごめんね、先生ww)

先生曰く、これは"中国が台湾に攻撃してきたときのための訓練"だそう。
まさか、そんな、戦争(?)のための訓練が国の訓練としてあるとは知らず、思わず、

私:「・・・・え、まじで!?」

先生:「?本当だよ??」

私:「えぇ、まじですか?!」

先生:「本当だよ~ww」

といったやり取りをしてしまいました(苦笑)

私と同じく他の日本人のクラスメート、オーストラリアの子、ブラジルの子もかなり驚いていました。
が、韓国からのクラスメートの子だけは、そこまで驚いていませんでした。

あまりにも「真的嗎!?真的!?(本当に)」と言い続け驚いていた私に、彼女は、

コリアンガール:「あぁ、韓国にもあるよ?」

と一言。


私:「!?!?!?ま・じ・で!?」


いや、もう、平和ボケしている日本で育った私には衝撃的でした。

そのあとすぐに、オーストラリアンのクラスメートが、

「あぁ、中国とか、北朝鮮とか、ね」

と納得した感じで、つぶやき、私も「あぁ、」と納得(苦笑)


ちなみに、この訓練のことを『萬安研習』と呼ぶらしい。
先生の話と台湾人の友達に聞いたところによると、
このサイレンが鳴ったときは、建物内に入り、30分間建物内で待機しなければいけないようです。
このときは、お店は営業を中断し、外にいる人は警察の人が建物内に入るように手伝ってくれるらしい。
半年ごとに実施しているそう。
台湾人の友達は、
「あれはtrainingではなくて、just stay home for 30 minuets ,and do nothing」
「its wast time~~~ haha」
と言っていたけど、

(いや、それを訓練っていうんじゃないか?ww)




まぁ、いずれにしても、ビックリ。
戦争自体体験したことのない私でも、戦争に関しての映像や映画は観てきていて、
「本当に戦争が起きてるんじゃないか」と思ってしまうほどのサイレンでした。
(おまけに、サイレンが鳴ったとき、外の天気もどんよりして薄暗かったので余計に、)

"戦争"という考えが全く身近にない日本で育ったので、(良いことだとは思うけど)
日本近隣の国で、ましてや日本と色々と関わりのある国で戦争のための”防衛訓練”が行われていたとは思ってもいませんでした。




韓国人の彼女の発言の後、

私:「日本にはこんな訓練ないよ~~~」

と言ったところ、

先生、韓国人の彼女:「えぇ!?日本にはないの!?!?」

と驚いていましたww
そして、極めつけが、

先生:「日本沒有enemy !?!?(日本には敵いないの!?)」

と笑いながら聞いてきましたww

さすがに、これには私たち日本人のクラスメートも、

日本人クラスメート:「・・・ahaha~(苦笑)」

と苦笑いww
(あの国とか、あの国とかは、”敵”と思いたくないけど、"敵"として考えられてるのかな?苦笑)

私たち日本人クラスメートが、返答に困っていると、すかさずオーストラリアの彼女が、

「Japan should have this kind of training! should~~~~~. For Ame***. LOL」


と笑いながら言っていましたwww
(オーストラリアの彼女からしたら、すぐにでも日本にattackできる(しそうな)国はアメリカなんだろうな。苦笑)


確かに、色々と近隣諸国で問題抱えていて、歴史的にも他国以上に恨み続けられている日本にも、
(まぁ他の国もそうだろうけど)台湾や韓国で行われているような"防衛訓練"があってもいいんじゃないかなぁ~。

と思いましたww


海外にいると、改めて、
日本って"平和"で"安全"で"綺麗"で"礼儀正しい""平和ボケして"て"細かいことまで気にする"、"不確実性の回避が高い"
んだなぁと感じます。


日本ってステキ。笑



スポンサーサイト
3

台湾のフードコート


台湾にもデパートやショッピングモールなどにフードコートがあります。

席の取り方、注文の仕方も日本と同じです。
まず空いている席を荷物を置いて確保しますww
そして自分の食べたいお店のレジに行き注文し、お金を払い、
日本と同じブザーのような物を受け取り、ブザーが鳴ったら受け取りに行く。

ここまでは日本と全く変わりません。


が、今日行ったフードコートはこの後が違いました。


日本だと、この後きちんと自分の食べ終わった食器を買ったお店か、共同の返却口に返却しに行きますよね。
しかし、台湾は違うんです。(今日行ったフードコートだけなのかもしれませんが。)
どう違うかって?それは、、、、


”片付けない”んですwwwwwwwww



食べ終わったら、食器はそのままテーブルに置いて帰りますww


「ま、まぁ誰か清掃の人が片付けにくるんだよね^^;」


と思っていたのですが、その気配は一向になく、空いた席に食べ終わった食器が置いたまま…。


「あちゃ〜、これ誰も片付けないでしょ〜^^;」と思っていたら、

・・・!!!

その席に座ろうとしている人が!

私「・・・!え、あの人、あの食器どうするんだろ…。えっ!」


そうなんです、食器が置いてあることが"普通"といったかんじで、その食器を片付けに行きました。
まぁ、そこしか席がないし、しょうがないよな〜と思っていたのですが、
その後も同じ様なシチュエーション(前の人が放置していった食器を次に席を使う人が片付ける)を何度か目撃しました。



もちろん、自分できちんと片付ける人(場所によっては)もいるとは思いますが、(たぶん)
きっと台湾の一種の習慣なんだろうな(.. )ぇ




フードコートとか、日本のお店とか日本のもの、仕組みとかを台湾は沢山取り入れてはいるものの、
その使い方や仕組みをきちんと理解しきれていない(台湾流にしている)なぁと感じましたww




0

「買一送一」

台湾で買い物をすると、たまに見かけるのが「買一送一」というPOP。
これは、「1つ買ったらもう1つついてきます」という意味らしい。

客としては、嬉しい限り!だって、1個の値段で2個買えるんですよ?
日本では見たことない!(たぶん)
お店側にメリットあるの?赤字パラダイスじゃん!
これは何か裏があるのでは… と勘繰り出す私。



そうか!
゛1個だけだと300円だけど、2個買うと600円のところが500円になりますよ!゛
みたいな2個セット価格か!

それなら、1個だけで良くて2個も要らないものもあるし、
「1個だけでいいです」って言ったら安くなるんじゃ?
と思った私は店員さんに聞いてみることにww


私「これ、1つだけで良いのですが、いくらですか?」
店員さん「?1つ買えばもう1つは無料です」
私「いや、1つで十分です。安くなりますか?」
店員さん「??なりませんよww」


結果、2個目を貰わなくても値段は変わりませんでしたwwww
私の勘繰った2個セット価格ではありましぇんでしたwwww(ケチくさい)


ということで、「買一送一」というPOPがあったら、ケチなことは考えずに貰っておきましょうww





※ちなみに、私は西門駅近くのwatsonというドラッグストアで検証しました。
もしかしたら他の店舗、お店では安くなるのかもしれませんので、違っていても悪しからず。

縺薙�繧ォ繝�ざ繝ェ繝シ縺ォ隧イ蠖薙☆繧玖ィ倅コ九�縺ゅj縺セ縺帙s縲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。