我去台湾留学!

思い立ったが吉日!中国語を学び初めて2ヶ月目に留学を決意。
0

1学期終了のお知らせ


タイトルの通りでする。
今日、5月22日(金)は私の通う"臺灣大學文學院語文中心"の最後の授業日でした。
つまり、1学期の最後の日ということです。

2015年は3月2日(月)〜5月22日(金)までの約3ヶ月が春学期でした。

私は中国語で会話をすることが難しい(できないに等しい)状態からのスタートでした。
レベルが1〜5?6?(低→高)まであるのですが、私はレベル1の第6課からのスタートとなりました。
(レベルが5、6段階まであり、さらにその1つのレベルも2つか3つのレベルに分かれていました。)


月曜日〜金曜日まで、毎日12時〜3時までの3時間が授業でした。
授業は50分で10分休憩がありました。


最初は英語も交えながらの授業でしたが、
1ヶ月が過ぎた頃には授業も中国語で行われるようになりました。
そして、気づいた頃には生徒と先生の質疑応答はもちろん、生徒同士の会話も中国語でするようになりました!
これは本当に凄い進歩だと思います。

授業が始まってすぐの頃、クラスメートと放課後お茶しに行ったのですが、
その時は、その場にいた全員がほとんど中国語を使って喋ることができず、英語で会話していました。

私たち「今は英語じゃないと話せないけど、3ヶ月経つ頃には中国語で話せてるといいね〜」

とあの時笑いながら話していたのが、実現しました!!!


私のクラスは日本人、韓国人、オーストラリア人、ブラジル人、と多国籍で、
休み時間はもちろん授業中や放課後などで、母国と台湾、外国との違いや、
ある出来事に対しての自分の意見を、自分たちの視点から色々と話すことが出来ました。

その度に私は、大学でコミュニケーションやメディア学の勉強をしておいて良かったな、
日頃から視野を広げてニュースも読んで、少しだけど日本の政治経済についても知ろうと努力しておいて良かったなと思いました。

そんなこんなで、中国語の習得だけではなく、日本と他国との違いや、
他国の文化や習慣、考え方についても学ぶことができた1学期となりました。

無事1学期を終えた皆さんお疲れさまでした!
私もお疲れさま!

スポンサーサイト
隧イ蠖薙�險倅コ九�隕九▽縺九j縺セ縺帙s縺ァ縺励◆縲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。