我去台湾留学!

思い立ったが吉日!中国語を学び初めて2ヶ月目に留学を決意。
0

倖田來未アジアツアー

7月11日(土)に、倖田來未サマ(以下くうちゃん)のアジアツアーin台北に参戦してきました。
会場は、台北101横のATT 4 FUNの6階?7階?のATT SHOW BOXでした。


実を言うと、もとからくうちゃんがライブで台湾に来ることを知っていたわけではなく、
たまたま台北101に遊びに行ったときに、くうちゃんのアジアツアーのポスターを見て知ったのです。
確かライブの1週間ぐらい前だったかな?ww
それから、「行けるなら行きたいな〜〜〜、チケットまだあるかな〜〜〜」と動き出しましたww
半ば諦めかけていたのですが、仲良しの台湾人の友達のおかげで無事にチケットを入手することができました!
謝謝,大樹~:)


これまでも、くうちゃんのライブは頻繁に(毎年?)参戦していたのですが、国外は初めて。
それと、BOXも初めて。ドキドキワクワクでした///


ライブのお約束、ライブグッズは午後2時から販売でした。
いつもの日本でのアリーナやドームのライブのつもりでグッズ売り場に行って驚き!

グッズ売り場に1本の列が出来ている!

大きなライブのグッズ販売だと、何カ所も会計する場所があり、どんどん人が出入りしていくと思うのですが、
今回はお会計の場所は2カ所のみで、並ぶ列は1つ。
ほんと"こじんまり"していました^^;

それでもグッズ販売まで辿り着くのに30分以上は待ったので、台湾でもくうちゃんは人気なようです。
(日本のくうちゃんファンの方も多くいたので、くうちゃんはファンを海外にまで行かせちゃうんだなと再認識)


そんなこんなで、ライブ会場は夕方6時半に開場で、7時半開演でした。
私は7時頃会場内に入ったのですが、そのときには既に会場内人ヒトひと!!!(当たり前)

会場に入って初めてスタンディングなのだと知り(ほんとに事前調べ全然してなかった)、
厚底サンダルを履いて来てよかったなと思いましたww

スタンディングのライブは初めてだったのですが、
A区とB区に別れており、私は後方側のB区のチケットでした。




実を言うとくうちゃんの一番新しいアルバムは、私が台湾にいるときに発売されたので、(確か)
最新の曲は知らずの参戦でしたorz
それでもくうちゃん好きなのは変わりない!と、参戦したのですが………

何も問題ありませんでした!

昔の曲やヒット曲が中心だったので、少し遅れてる私でもノリノリでした♫

1つ気づいたのが、BOXだったということもあるのか、台湾だったからなのか、
会場の雰囲気がなんだかライブというより、クラブよりの雰囲気でした。
(私が会場の後ろ側にいたからかもしれませんが)
重低音でズンズンと響き、そのリズムに合わせてみんなも踊ってました。

日本人はもちろん日本語で声援を送っていたのですが、
台湾の人も「KU醬!(くうちゃん)」と叫んでいて驚きました^^

アンコールでみんなでカバー曲の「小さな恋のうた」を歌ったのですが、
日本人しか歌えてなかったwwwwww
私たちの前にいた台湾の人たちが「いや、難しすぎでしょ、この歌」と苦笑いしていましたww
私は一緒に行った友達と2人で会場の後ろの方で大熱唱しましたwww


ライブはだいたい2時間ぐらいだったと思います。
台湾でまさかくうちゃんのライブに参戦できるとは思ってもみなかったので、嬉しくて終始興奮していました。
くうちゃんサイコウ!!!

11009202_759842980794672_6993126808116634131_n_Fotor.jpg

思いっきりくうちゃん色に染まってるww



ちなみに、台湾で「くうちゃん」は「KU醬」らしいです。

スポンサーサイト
0

居留ビザへの切り替え

皆様お久しぶりでする。
前回の記事から1ヶ月も経ってしまいましたorz
1ヶ月何してたかな?ww

そんなこんなで、つい先日台湾で銀行の口座を開設してきました。
理由は、居留ビザへの切り替えで、

・台湾の銀行又は日本の銀行で30万円以上の残高が確認できる財力証明書

が必要だからです。

留学に行くときにも財力証明書が必要だったため、この手の書類の作成には慣れていて、
今回も、
「なんだ、日本の銀行口座の英文の証明書をパパちゃんに頼んで銀行に取りに行ってもらって、
 台湾に郵送してもらえばいいんじゃん☆」
と、気楽に考えていました。

が、今回はそう簡単にはいかず、なんと、

・日本の銀行口座の財力証明書の場合は、英語の証明書+台湾のATMで引き下ろせるという証明書
(つまり台湾のATMで実際に引き下ろした際に出てくる領収書で日本の銀行口座番号が記載されているもの)

この2点が必要なのでする!!!

これは、要注意ですね!(誰)


親に相談したところ、

パパちゃん「めんどくさいからそっち(台湾)で口座作ったら?」

私「・・・わかった」

ということで、台湾で銀行口座を作ることにしました。






ちなみに、私は『台北富邦銀行』で口座を作りました。
理由は、クレジットカードからキャッシングをするときによく使う銀行だってことと、家の近くにあったからです。

銀行に行き、入り口にいる銀行員の方に「我要開戶(口座作りたい)」と伝えると、
・なんで口座つくるのか
・必要な書類は全部持っているか
と聞かれました。
「ARCのためで、必要な書類は全部持ってきている」と伝えると、番号を渡してくれ、待つように言われました。



銀行口座の開設で必要なものは、

・パスポート
・中華民国統一番号
・身分証明書

この3点だけでした。


”中華民国統一番号”はビザの更新で訪れる”内政部入出国及移民署”で貰えます。
私は前回のビザの更新のときにもらっていました。

身分証明書は出来れば”国が発行したもの”のほうが良いと思います。
私は最初、台湾大学語学学校の学生証を提示しましたが、銀行員の方に「他にありませんか?」と聞かれ、
「保険証とか、運転免許証とか、日本の物でも大丈夫ですよ」と言われました。
その時私はあいにく何も持っていなかったので焦りました^^; ww
他に私のIDを証明してくれるものといって手元にあったのが、”国際学生証”。
恐る恐る「これしか持ってません」と渡すと、国際学生証を持ってどこかに行ってしまった。(誰かに確認しに行ったんだと思う)
しばらくして戻ってきたお兄さんは「大丈夫です、OK」と一言。
スムーズに済ませたいのであれば、国が発行したものを持っていくべきです。



そのあと、お兄さんに言われるがまま書類にサインをしていきました。

サインをしているときに、

・キャッシングカードは必要か
・キャッシングカードにデビット機能は必要か
・私たちの銀行から他の銀行、他の国へお金を移すか(?)(これだけ英語で聞いてもよく分からなかった)

と聞かれました。

そしてサインが終わるとすぐに申請をしてくれ、
待つこと10分〜15分ぐらい(だったと思う)で通帳とキャッシングカードをくれました。
そのあとキャッシングの仕方まで教えてくれました。
謝謝,先生!


だいたい1時間半ぐらいかかりました。
ちなみに空いていたので待ち時間はなかったので、もし開戶の人が多かったらもう少しかかるかもしれません。
また、運良く、担当してくれた銀行員のお兄さんが英語を少し話せたので、私の中国語でもこれぐらいの時間で作れたんだと思いまする。
日本語も少〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しだけ、単語だけ言っていました。(誕生日とか住所とかetc…)
それでも9割方は中国語でした。
5ヶ月ぐらい台湾にいて勉強しているレベルなら中国語だけでもなんとかなると思います。(たぶんww)





隧イ蠖薙�險倅コ九�隕九▽縺九j縺セ縺帙s縺ァ縺励◆縲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。