我去台湾留学!

思い立ったが吉日!中国語を学び初めて2ヶ月目に留学を決意。
0

台湾の人って

台湾に来て1ヶ月が経ちました。
とくに台湾についての知識があるわけでもなく、”中国語を学ぶ”ということだけで台湾にきました。
1ヶ月生活してみて、色々と思うことがあります。


まず、台湾の人たちの”優しさ”
これは1ヶ月経ってと言わず、台湾に来てすぐに感じました。
お店で買い物をするときや、道ばたで道を聞くにしても、中国語が全く話せない私にどうにかして伝えよう、教えようと身振り手振り、漢字を書いてみたり、英語を使ってみたり、、、としてくれます。
最後に、(きっとあまりに中国語が話せないので)「どこから来たの?」と聞かれ、「日本からです」と答えると、知っている単語や、カタコトながら日本語を使って話してくれます。「中国語を学びにきました。1年います」と伝えるととても嬉しそう(私にはそう見えます)な顔になります。

「道案内や丁寧に接客してくれるのは全世界どこでもしてくれる国(特に観光地)はしてくれるんだな〜」と、
最初は思っていたのですが、その度合いが、台湾はずば抜けていると感じますww(私の行った少ない国の中で)

台湾に来て2、3週間程経ったときに少しストレスを感じ疲れていたとき、台湾人の友達に相談したら、
息抜きに台湾の観光地や私の行きたい場所、台湾の食べ物(☜これがストレス源でしたww)について詳しく説明してくれました。(この台湾の食べ物については、ストレスの話をして以来この子と遊ぶときは毎回詳しく説明してくれるようになりました。)
そして、また違う台湾人の友達は、台湾の観光地に連れて行って台湾の習慣や、日本と台湾の違い(この友達は日本に留学経験有り)について沢山話してくれました。

また、引越のときも大家さんが大家さんの家族数人を連れて引越の日にお出迎えをしてくれ、
おまけに私のかなり多い荷物(大きいスーツケース2個、大きいボストンバッグ、その他、、、、)を
6階まで運んでくれました。(エレベーターはないです。か・い・だ・ん・ですww)
おまけに、私が引っ越して来る前に部屋の掃除をしておいてくれて、
お部屋も掃除をする必要がないぐらい綺麗にしてありました。(他の台湾の部屋がどうなのかは知りませんが)
その後も、「何かあったら連絡してくれれば手伝うからね」と何回も言ってくれました。


他にも、学校の先生や図書館の受付の人、カフェ店員さん、などなどなど、、、、
本当に台湾の人たちは優しい!優しすぎる!!!
台湾は欧米のようなチップ制度はないけど、チップあげたくなるぐらい!!!ww


たまに、中国語で会話が出来ないと分かると相手をしてくれなくなる態度の悪い(私からしたら)人や、
crazyなnutsな人も見かけます。そんな方たちに接客をされたときは、"怒れる"というより中国語が話せない自分にへこみますorz(中国語が話せたらこんな対応はされなかったかもしれないし、されたとしても言い返せる、文句言えるのに、、、、、、)


それでもやっぱり"優しい"台湾人のほうが多いです!(そう思ってます)








まだまだ中国語が使えないから頼ってしまうことが多く、
へこむこともたま〜〜〜〜〜にあるから、
もっともっと勉強頑張ろう!台湾人に恩返しするためにも!
と、密かに思う毎日ですww


スポンサーサイト

隧イ蠖薙�險倅コ九�隕九▽縺九j縺セ縺帙s縺ァ縺励◆縲

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。